クラウドやUSBメモリに残してデータとしての保存

カメラの端末に付属しているメモリに保存する

スマホやガラケーで撮影した写真を保存する場合、わざわざプリントしなくてもデータのまま保存した方が劣化もせず、残しやすいといえます。では、具体的にどういった媒体に保存すればいいのでしょうか。まず、スマホやガラケーにはフラッシュメモリ領域があり、端末の電源を切ったとしても保存が可能です。ただ、端末のメモリに保存すると、データをパソコンやタブレット、あるいは新規に購入したスマホなど別の端末に保存する場合、ケーブルなどで接続してデータを転送しなければならず、そこが少し面倒です。 したがってカメラが付いている端末にそのまま残したいのであれば、外付けのフラッシュメモリを使うといいでしょう。そうすれば、データをコピーする場合、フラッシュメモリを引き抜いて移したい媒体に差し込めば済みます。

USBメモリならデータを移しやすく、クラウドなら消えにくい

いったんパソコンにデータを移したあと、USBメモリに保存するのも一つの手です。USBメモリを利用するメリットとしては、いろいろな端末に直接接続しやすいという点です。パソコンや最近のスマートテレビにはUSBの接続端子が標準で付いていますが、フラッシュメモリを差し込むためにはカードリーダーを別に取りつけなければならないことが少なくありません。 絶対に消えたら困る写真データを保存する場合はクラウドサービスを利用するといいでしょう。近年、数ギガバイト程度の領域を無料で使えるサービスが多く、複数のクラウドに保存することも可能です。クラウドサービスのサーバーは外国にあるケースも多く、国内で集中豪雨や地震など大きな災害に巻き込まれたとしてもデータを残せる可能性が高いです。